「ヒョウ、 ビョウ、うきぐさ」薸/調整画像 保存分


きょう 水道局の前を通っているときに 水場が目に入ってきて とまる 
魚類の活力 泳ぐスピードに驚かされ
すぴーど といいますか どちらかといえば さかなばれした うごき と いったほうが?

いつか・・以前とは まったく異なる景でして
狭い 浅い そこで のびのびと暮らされているようす

藻? 何かが沢山発生していて バクバク食べておられ

c0315548_09493373.jpg
画像:池袋より


きのう ハンズで ミニチュアの水辺・・
浮き草 船 人などが バランスよく仕立てられているのも みました




…江戸時代の「都市計画」の深謀遠慮が見てとれるでしょう…
水のよう・・(地形の「謎」)

そのあとに

「日本堤の付け根あたりに小茄子のような形でくっついているのは、
現在の待乳山聖天で、標高役10mの小高い丘。
この小陵をめぐっては、成因に自然か人工かの両説があって決着がついていない」123
『江戸東京 地形の謎』2013 芳賀ひらく (4の夕方手に)(3冊のタイトルが判別できてないと思われる)

寺院での縁起が正しければ「自然」の可能性が高くなる そうで



その方向に まいりましたのが いつなのか?  画像をあたってみても・・

まったく わからない

それを何かで見て 目指して そのあたりを長いこと歩いて
街並みですとか は なんとなく

それと 院 寺 そういった何かの 裏手の風景が浮かび・・

(行ってないとか)
(と記入した頃に 検索頁の日付の数字が ちがうことを書き加えるのを忘れたようす)
(画像部屋でも首がかたむいていたような)




ここで 「浅草」検索しますと いくつか出 
そちらも少々 ですが

川口ですとか 「小菅」とか ほかの場が示されがちなような 気もいたします




Wikipediaより
浮き草

千代女




ビョウ ヘイ うきくさ 
よもぎ

四字熟語辞典オンラインより
雲遊萍寄(うんゆうへいき)  萍水相逢(へいすいそうほう)






7.4 /21:07 保存分

某お寺の墓地にて 7.2/17:00 からの何か

c0315548_21003413.jpg



f:id:kaon-yokegawa:20170702190049j:plain   おお    こちらもだ



c0315548_20593086.jpg




 ↑  浮雲 「ウキグモ、浮き雲、ふうん」 (はてな)から



[PR]
by mutati-on | 2017-07-05 08:46